債務者を救う債務整理 経験豊富なプロに依頼。

債務整理といった方法で借金問題から助かる可能性があります。たった一度の人生なのですから、狂ってしまった人生設計は少しでもはやく立て直しをして、借金の無い生活を取り戻しましょう。

B型肝炎訴訟が行われてきた経緯

B型肝炎訴訟の経緯として、過去に行われてきた集団予防接種の実施が存在しています。連続的な注射器の使用が行われたことによってB型肝炎ウイルスが広がった原因ともされており、感染被害者や弁護人によって、国への責任追及が行われてきました。

現在の日本では、感染者や家族に対して、国からの給付金が支給される制度も確立されているものの、受け取りのための手続きを行わなければなりません。国を相手取った訴訟を裁判所で起こす必要があるなど、細かく手順が定められており、弁護士などによる相談業務としても取り扱われています。

B型肝炎訴訟、家族でもできるのか

B型肝炎訴訟は、訴訟を起こす本人がB型肝炎ウィルスに感染しているという条件だけでなく、B型肝炎になった家族がいる場合、B型肝炎で家族を亡くした場合でも対象になります。症状も、B型肝炎だけでなく、肝硬変、肝がんなど様々です。

病態、深刻度に応じて、給付金の額が変わります。B型肝炎ウィルスに感染していることが分かっていても、症状が出ていない場合もあります。その場合は、50万円と検査のための費用が支給されます。死亡、深刻な病状なら、最大で3600万円に上ります。相談は、近くにある弁護士法人にするといいでしょう。

B型肝炎訴訟を行っている人の多くは高齢

過去に起きている問題によって、B型肝炎を患っていることが多いため、実際に裁判の依頼を出しているのは高齢の方です。今は対策されていて、ほぼB型肝炎が発生することもありませんが、昔は対策が行われていなかったため、患っている人も多くなっています。

このような問題は、裁判によって解決して、給付金を受け取ることとなります。B型肝炎訴訟を行う場合は、基本的に起きていることを証明して、更に認めてもらうための手続きを行います。あらゆることを実現できて、ようやく給付金が受け取れるようになり、結構大変なのは間違いありません。

B型肝炎訴訟における歴史の成り立ち

B型肝炎訴訟の問題は、過去に実施されてきた集団予防接種の歴史へとさかのぼります。注射器の連続使用が行われたことで、B型肝炎ウイルスの蔓延原因にもなり、多くの方にとって感染の可能性が考えられる事態となりました。

現在では、国からの救済措置として給付棋院が受け取れる制度も確立されており、正しい手続きを行うことで受け取りが可能となります。給付金の受け取りは、感染被害を受けている本人と、母子感染の可能性が考えられる家族などが対象とされており、国を相手とした訴訟が必要であるなど、細かい条件項目が定められています。

B型肝炎訴訟、自治体の助成制度もチェック

B型肝炎訴訟は、国の特別措置法に基づいた賠償金の受け取りに必要な手続きです。原告は、自分が幼い時に受けた集団予防接種等でB型肝炎ウィルスに感染したことを証明しなければなりません。

証明したことが認められ、国と和解することで、給付金が支払われます。その他に、自治体ごとに異なりますが、B型肝炎の治療費の一部を助成する制度が整っていることもあります。

例えば滋賀県では、県肝炎治療特別促進事業があります。問い合わせは、各地の弁護士法人や弁護団にすると詳しいことが聞けるでしょう。助成制度は、自治体に個別に聞くといいでしょう。

B型肝炎訴訟の関連ページ