債務者を救う債務整理 経験豊富なプロに依頼。

債務整理といった方法で借金問題から助かる可能性があります。たった一度の人生なのですから、狂ってしまった人生設計は少しでもはやく立て直しをして、借金の無い生活を取り戻しましょう。

B型肝炎訴訟における制度の成り立ち

B型肝炎訴訟における背景には、昭和23年以降に実施されていた集団予防接種が要素として挙げられます。注射器が連続使用されたことが原因となり、B型肝炎ウイルスの感染が拡大し、被害者や弁護団による国への責任追及が行われ続けてきました。

現代の日本では、国からの救済措置として、感染者本人と家族に対する給付金の支給について、制度が確立されています。国を相手にした訴訟を起こすなど、正しい手続きを進めることによって、給付金の受け取りが可能とされており、自分が対象に含まれているかどうかなどを調べた上で確認する必要があります。

B型肝炎訴訟で大切なこと

B型肝炎訴訟でB型肝炎給付金を請求するには、まず自分が対象者であるか確認する必要があります。生年月日が昭和16年7月2日を皮切りに昭和63年1月27日まで、満7才を迎えるまでに集団予防接種をして、そしてそれが要因でB型肝炎ウィルスに感染してしまった人が対象です。

家族が対象者に該当していれば、すでに亡くなっていても、遺族として請求できることがあります。この場合は、条件を満たしている必要があります。請求には期限がありますから、期限までに必要書類を揃えて、手続きを進めていくことが大切です。手続きは煩雑なものが多いので、弁護士に相談すると楽になります。

B型肝炎訴訟、手続きで大切なこと

B型肝炎訴訟に際して必要な書類は、ケースごとに異なります。自分がB型肝炎給付金の対象であると分かれば、その証明をするための訴訟であり請求手続きです。B型肝炎ウィルスに感染して何らかの症状が出ていれば、その治療に関する書類も必要です。

症状が出ていない場合でも、対象になります。具体的な助言は、弁護士に乞うのが一番です。その場合でも、B型肝炎問題に精通し実績が充分にある法人を選びます。手続きで大切なのは、早急に行動することです。準備に思わぬ手間や時間がかかることもありますし、請求期限が平成34年に迫ってきています。

B型肝炎訴訟団が国と戦って獲得したもの

国が強制的に行った集団予防接種によってB型ウィルスが蔓延し、B型肝炎にかかり肝硬変や肝炎や肝がんを発症させた方のために、訴訟弁護団が国に対して起こしたB型肝炎訴訟により基本合意が成立しました。

この訴訟弁護団が基本合意を成立した意義として、多数の被害者に対する救済措置や、全てのウィルス性患者が差別や偏見を受けることなく、生活出来るように啓発や広報を行うことがあります。また、今後感染被害が出てこないように、再発防止や真相究明に至るような協議を行うことも約束されました。感染者に対する措置は、国が認めたことにより多くの方を救済できます。

国からの給付金で負担軽減できるB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金を受け取るには、請求をする必要があります。自分や家族が該当するということを証明するのが、B型肝炎訴訟です。支給は国の特別措置法によるものなので、法的な手続きが必要になるのです。

煩雑な手続きも多く、時間的な犠牲を払わなければならないことも多いので、弁護士に相談するのが一般的です。もちろん、自力でできない訳ではありません。相談料や着手金が無料で、初期費用が必要ない事務所がほとんどで、弁護士費用の支払いは給付金が支給されてからの後払いとなります。給付金額に応じて、弁護士費用は変わります。

B型肝炎訴訟の関連ページ