債務者を救う債務整理 経験豊富なプロに依頼。

債務整理といった方法で借金問題から助かる可能性があります。たった一度の人生なのですから、狂ってしまった人生設計は少しでもはやく立て直しをして、借金の無い生活を取り戻しましょう。

B型肝炎訴訟における被害者の歴史

昭和23年から幼少期において義務付けられていた集団予防接種の実施は、注射器が連続使用された事が原因として、B型肝炎ウイルスの感染拡大に繋がりました。感染被害者は弁護人たちと共に、B型肝炎訴訟を通じて国への賠償責任を追及し続け、現代では、救済措置とされる給付金の支払いが行われるようになっています。

給付金の受け取りには、一定の項目を満たしていることが前提とされており、対象者として含まれている事に関する証明が必要であったり、国を相手取っての訴訟を起こす必要があったりします。損することなく給付金を受け取るための、情報収集も重要です。

引き継がれてきたB型肝炎訴訟の歴史

B型肝炎訴訟においては、過去に実施されてきた集団予防接種によるB型肝炎ウイルスの感染が基となっています。注射器が連続的に使用されたことが原因とされており、国への賠償責任を求めるため、被害者や弁護人たちによる努力の結果、救済措置としての給付金が支払われるようになりました。

正しい手順での手続きを行ったうえで受け取りが可能となり、国を相手とした訴訟を起こすなど、細やかな対処が必要とされています。詳しい情報を得るために弁護士へ相談する方も多く見受けられると同時に、関連する手続きを代行依頼することも可能とされています。

B型肝炎訴訟、現状を知ろう

厚生労働省が2011年におこなった推計によると、日本国内のB型肝炎の感染者は110万人から140万人に上ります。このうち、救済の対象になる集団予防接種の時の注射器の使い回しなどによる感染者数は、最大で40万人以上いるとされています。

つまり、自分が対象者であると気付いていない場合、症状が出ていないため知らない場合が非常に多いのです。救済のために、全国でB型肝炎訴訟弁護団が立ち上げられています。B型肝炎ウィルスに感染すると、肝がん、肝細胞がん、肝硬変など様々な症状を引き起こすことがあり、注意が必要になります。

B型肝炎訴訟弁護団が掲げる今後の目標

B型肝炎訴訟弁護団によって、国と基本合意が成立しましたが、今後の課題も見えてきました。未提訴被害者に対して、救済措置が設立したことを周知や広報活動を行うことです。また、被害者全員の救済を目指して、個人で訴訟を起こす方のバックアップ、個別和解の手続きも行います。

全てのウィルス性肝炎患者のために、今後の改善点や要望の協議会の設立やそれらを支える支援活動もあります。その協議では、感染の真相究明や再発防止に努めるように話し合いも行っていきます。基本合意に至りましたが、全員救済には未だ課題が多く残っています。

B型肝炎訴訟の実情と問題点

B型肝炎給付金は集団接種を幼少期に受けて、注射器の連続使用でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方々が、政府に求める給付金のことです。受給するためには、裁判所でB型肝炎訴訟を提起して和解する必要があるのです。

その訴訟を提起する所から実際に受給に至るまで、様々な手順が必要になります。訴訟を提起するにはまずは必要な証拠書類を集めるところから始めます。病状によって集める資料が異なったり、必要書類を準備することが容易でないケースもあり、この段階で受給を諦めてしまう方もいます。また、和解が成立するまで約1年の期間がかかる上に請求期間が短く、和解率が決して芳しくないことが実情であり問題点と思われます。

B型肝炎訴訟の関連ページ