債務者を救う債務整理 経験豊富なプロに依頼。

債務整理といった方法で借金問題から助かる可能性があります。たった一度の人生なのですから、狂ってしまった人生設計は少しでもはやく立て直しをして、借金の無い生活を取り戻しましょう。

相談しやすい事務所と債務整理

個人では手続きのハードルが高い事も多く、法律関連の事務所に行って債務整理を行う事が多いでしょう。

しかし、中には自分が借金をして返済できなくなってしまった事に対して、法律家に怒られたり、対応してもらえなかったりする様な事がないかと不安に思う人もいる様です。

女性の中には男性に相談しにくいと感じている人もいる様です。また、主婦など女性の立場に立って状況を理解してほしいと考える人もいる様です。そこで、債務整理について相談しやすい様に法律関連の事務所が工夫している事もあります。

女性の窓口を設けている会社もあります。相談しにくいかもしれませんが、それが更に解決を遅くしてしまう事もありますので、勇気を出して解決しましょう。

個人再生などの債務整理にかかる費用

個人再生は債務整理のなかでも裁判所を通す方法になりますので、書類の作成や期間がかかる点があげられ、債務整理のなかでもむずかしい手段になっています。かかる費用としては申立の手数料として収入印紙を1万円分用意することと、裁判所に必要となってくる予納金が1万2千円程度、個人再生委員を選任する場合には、20万円から25万円かかってしまうことが予想されます。

また、弁護士に対しても報酬金を支払う必要がありますので、別に30万円から60万円ほどかかってくることがあげられます。費用がかかる手段になりますので、決定する前に他の手段ともよく比較することをおすすめします。

借金返済に疲れ果てた方へ知ってほしい債務整理

借金が膨れ上がって完済の目処が立たない、債権者からの過酷な取り立てに疲れ果てた、そんな方に知っていただきたいのが債務整理についてです。債務整理は、弁護士や司法書士といった専門家、もしくは裁判所の仲介によって、多額の借金を債務者が返済可能な額まで減額するための手続きのことです。

もし裁判所に返済不可能と判断された場合、借金を帳消しにすることも可能です。もちろん様々なリスクが伴いますので、内容をきちんと把握してから手続きに踏み切ることが重要です。まずは法律事務所の無料相談などをご利用してみてはいかがでしょうか。

自己破産などの債務整理にかかる費用

債務整理を弁護士に依頼する場合には当たり前でありますが、弁護士費用についてもそれなりにかかってくることがあげられます。特に自己破産においては多くの費用がかかってくるとされていて、30万から50万かかると言われています。

そのほかにも収入印紙代や予納金、同時廃止事件になるのか管財事件になるのか、などによっても大きく費用は変わります。多くの費用を必要とされますので両親に援助をお願いするか、民事法律扶助などの制度を利用することをおすすめします。債務整理はほかにもさまざまな手段がありますので、合わせて検討することをおすすめします。

債務整理のタイミング

債務整理をすべきタイミングについてはなるべく早い段階ですることが望まれます。債務整理をおこなう人においては自転車操業状態に陥ってしまっているケースも考えられ、そのような状態になっている場合には早い段階で債務の整理を決断することが必要になるでしょう。

真面目な人ほどギリギリまで頑張ろうとしますが、一度抱えてしまった多額の借金の返済はなかなか返済することができません。そのように悩んでいるようであれば一刻も早く債務の整理に踏み込むことが重要になってくるでしょう。法律事務所では無料相談会も実施されていますので、一度相談に行ってみることをおすすめします。

債務整理の関連ページ